伊豆諸島・小笠原諸島の楽しみ方が分かる総合情報サイト

HOME > 青ヶ島

青ヶ島の魅力 「自然と共生する人々に護られた神秘の島」

東京から358km 南。そこには伊豆諸島最南端の「青ヶ島」がある。 周囲9キロと小さく、「男島」「鬼が島」の伝説で語り継がれる神秘の島である。人の出入りが少な いこの島には、多くの自然がそのまま残されており、都会の喧騒とは間逆の世界が広がっている。 コバルトブルーの海、深く鮮やかな緑、たくさんの鳥の声。その全てが人の心を癒してくれる。 ここは、お遊びに行く場所ではない。ひと時だけ現実から離れて自分を見つめる一人旅に適した場所かもしれない。争いや競争とは無縁の島。自然の中に身を置く満たされた時間。 真のリフレッシュが実現できる日本では数少ない空間がここにはある。
大きな地図で見る

見逃せない観光スポット!

■尾山展望公園

複式火山の不思議な造形と、太平 洋を360°見渡せる絶景スポット。 緑に覆われた自然あふれる「島」 全体を見渡すと島旅の醍醐味を感 じていただけるはず。 晴れた日は遠くに八丈島や八丈小 島を見ることもできる。また、夜には360°の星の海となる。

■東台所神社

赤と青のコントラストが目を引く 東台所神社。失恋の腹いせに島民 7人を殺傷し、自らは入水自殺をした浅之助の霊を鎮めるために建 立された崇り神。今では、縁結び の神様として島民の信仰を集めて いる。

■池之沢噴気孔群

外輪山の内側(カルデラ)にある地熱サウナ近辺では、山のあちこちに穴があり、そこから蒸気が吹出している。電気の無い時代には、島民の暖房や料理に地熱蒸気が利 用されていた。

■地熱サウナ風呂

火山の地熱を利用した天然サウナ。 ジャグジーやシャワーも完備し、 1日の疲れを癒してくれる。 ここ「地熱サウナ風呂」は、外輪山の内側にあり、緑の屏風で囲まれているかのような景色も楽しめる。また、野外には自由に利用できる地熱釜があり、卵や野菜を蒸して食べるのも楽しい。

■池の沢キャンプ場

自然を体全体で感じるのなら、キャ ンプがオススメ。流しやトイレも 完備し安心のアウトドア体験が。 冬でも比較的暖かく、夜な夜な星 空観測も楽しめる。
※飲料水、貸し 出し備品はありません。

■オオタニワタリ群生地

日本では見ることの少ない南方系 のシダ。島のいたるところで見ることができるが、特にこの一帯で 群生している。毎年3月から5月 が芽吹きのシーズンであり、鮮やかな緑を楽しめる。

■恋ヶ奥

池之沢南西部に位置する恋ヶ奥で は、樹齢230 年を超える杉の大木 があり、島内ではパワースポットと呼ばれている。あたりは深い樹木に覆われたジャングルの様相で、 恐竜時代を彷彿とさせる趣が冒険 心をかきたてる。

■青ヶ島港(三宝港)

島の周囲が断崖で囲まれた青ヶ島 で唯一の着岸港。周囲200mの断 崖は、急壁部の全てにコンクリー ト打ちがされており、要塞の入口にも似た雰囲気がある。まさに自然と人間の戦いが見て取れる。

青ヶ島お役立ちリンク!最新情報、交通、天気など旅行を計画ならまずチェック!

青ヶ島村役場 青ヶ島では、観光情報を青ヶ島村役場のホームページより提供しています。観光マップのPDFをはじめ、旅行計画に必要な情報がたくさんです。
東京都八丈支庁 八丈島・青ヶ島を管轄している東京都の機関です。
星の箱船 遠く離れた離島だからこそ、素敵な星空を見ることができます。青ヶ島では、「星の箱船」と題して360°の夜空をパノラマで楽しめる専用サイトを公開中!篠原ともえさんがその魅力を語っています。
青ヶ島村一円のお天気 WEATHERNEWSの提供するお天気情報。
リアルタイムのお天気と週間天気予報を見ることができる。
交通情報
渡航方法詳細は青ヶ島村役場のアクセスページでまずチェック
青ヶ島への渡航は、まず八丈島へ。
八丈島からは、東邦航空(ヘリコプター)と伊豆諸島開発の連絡船が結んでいます。
交通情報 空路(東邦航空) 東京諸島を結ぶヘリコミューター「東京愛らんどシャトル」
運賃、時刻表、予約ならここ。
スペシャルサイト
東京リポーター

リンク集