伊豆諸島・小笠原諸島の楽しみ方が分かる総合情報サイト

星の箱船

青ヶ島

AOGASHIMA

“環住”の歴史に彩られ、“ひんぎゃ”が恵みをもたらす。
独特の自然と地形を持ち、地熱蒸気が噴出する二重式火山の島。

基本情報

BASIC INFORMATION
面積
5.98km²
周囲
9km
東京から
368km
人口
160人(平成30年現在)
SIGHTSEEING SPOT

観光スポット

還住の碑

還住の碑

青ヶ島の帰還と復興の歴史を記念して作られた碑。1785(天明5)年の「天明の大噴火」により八丈島に避難を余儀なくされた青ヶ島の住民は、苦難と努力の末"青ヶ島のモーゼ”と賞賛された佐々木次郎太夫の導きで50年後にようやく島に帰ることができました。それが"還住”といわれる青ヶ島復興の歴史です。

丸山

丸山

島そのものが外輪山となっている青ヶ島の火口内にある内輪山。この山が1785(天明5)年、いわゆる「天明の大噴火」を引き起こしました。山腹に植林されたツバキが、遠くからは緑の縞模様に見える独特の景観を形成しています。周辺にある池之沢の噴気群から火山の噴気による蒸気が今も立ち上ります。この噴気孔は島言葉で「ひんぎゃ」と呼ばれており、青ヶ島の名産「ひんぎゃの塩」はこの蒸気を利用して作られています。

尾山展望公園

尾山展望公園

外輪山の北部に位置する展望公園です。標高400メートルの地点からは360度の大パノラマを楽しむことができます。特に、丸山や池之沢の方面には、複式火山が作り出す絶景の向こうに見渡す限り太平洋が広がり、まさに自然の雄大な景観を堪能することができます。

ふれあいサウナ

ふれあいサウナ

池之沢にある複合温泉施設「ふれあいサウナ」には、噴気を利用した室温60度のサウナがあります。サウナにしては低温ですが、地熱で温められた天然の蒸気が使われているためよく温まるといわれます。また、施設では自然に発生する80度の蒸気を利用したふかしイモや温泉玉子も味わえます。

青ヶ島港

青ヶ島港

島の南西部に位置する港。「三宝港」とも呼ばれ、断崖絶壁の海岸に囲まれた青ヶ島で唯一、連絡船「あおがしま丸」が着岸できる港です。周囲の断崖にコンクリートを打ち付けて作られており、貨物船が接岸できるように防波堤が陸から延びています。

オオタニワタリ群落

オオタニワタリ群落

池之沢の樹林の中に生息しているオオタニワタリの群落。オオタニワタリは日本ではめったに見られない南方系のシダで、青ヶ島では特にこの一帯で群生しています。見栄えがよいことから観葉植物としても人気ですが島外持ち出しが禁止されているので注意が必要です。

ACCESS&DURATION

アクセスと所要時間

船での行き方
飛行機での行き方

※運行時刻・所要時間は季節で変わる場合があるので、お出かけ前に必ず運行会社へお問い合せください。

各島へのアクセス

NEWS&TOPICS

ニュース&トピックス

その他
大島利島新島式根島神津島三宅島御蔵島八丈島青ヶ島父島母島
TOKYO ISLANDS PERFECT NAVI 東京完全ナビ
2019.04.01
TOKYO ISLANDS PERFECT NAVI 東京完全ナビ
大島利島新島式根島神津島三宅島御蔵島八丈島青ヶ島父島母島
ジャパンバードフェスティバル2018 イベント出展のお知らせ
2018.10.29
ジャパンバードフェスティバル2018 イベント出展のお知らせ
アイランドTV
八丈島青ヶ島
TV放映のお知らせ【たけしのニッポンのミカタ!】
2018.10.19
TV放映のお知らせ【たけしのニッポンのミカタ!】
ネイチャー
青ヶ島
海外紙で紹介された「絶対行きたい日本の13の島」その1・青ヶ島
2018.09.14
海外紙で紹介された「絶対行きたい日本の13の島」その1・青ヶ島
ニュース&トピックス一覧

MORE INFORMATION

さらに詳しい情報はこちら

青ヶ島村総務課
TEL: 04996-9-0111