伊豆諸島・小笠原諸島の楽しみ方が分かる総合情報サイト

父島

MODEL COURSE
父島

世界自然遺産をアクティブに堪能する!

父島をまるごと遊びつくす3日間。行動派の人にピッタリのプランです。
海に潜り、山に登り、ちょっといい汗流しながら「本当の自然に気づく旅」してみませんか?そんな父島の楽しみ方をご紹介します。

【お楽しみポイント】
サイクリングで島めぐり!
太古の森を歩く!
クジラ•イルカ・ウミガメと出会う!
島の珍味を食す!
歴史•文化を知る!

所要時間:3日間
この色のゾーンを旅します
1日目
11:30

自転車を借りよう!

小笠原観光(有)にて自転車レンタル。電動アシスト車なので坂道も楽々です。男三人でどこまで走れるか。海岸冶いの道路をひたすら南下して小湊海岸を目指します(片道約6km)。が、まずは腹ごしらえということで飲食店「波食波食」でランチを。街中にはお洒落な飲食店が沢山並んでいます。
境浦を見下ろすと沖合に沈没船の残骸が。ちょっと冒険心をくすぐる光景です。 扇浦には南国情緒たっぷりのビーチが広がっています。トイレ•シャワーも完備なのでのんびりリラックスできます。

13:30

広大な太平洋を望む「小港海岸」

自転車を漕ぎ始めて1時間程で目的地の小港海岸に到着。聞こえるのは波の音だけ。入り江に囲まれた遠浅なビーチです。12月なのに海パン1枚で泳げるほど。

16:30

初日は早めに宿へ戻って休息

宿に戻りのんびりリラックス。島の食材を活かした料理がとっても美味しいです。部屋には宿泊者の足跡帳が置いてあります。意外な口コミ情報が発見できるかも。

2日目
9:00

クルーザーで海へ!クジラ・イルカと出会う!

小笠原親光(有)のクルーザーに乗り込みいざ出航。海はポニンプルーと呼ばれる底抜けに明るい青色。南島やジニビーチの風光明媚な海岸線は息をのむ美しさです。
入江に投錨してランチタイム。海面を除けばやっぱり泳がずにはいられません。フィンとマスクを付けて潜り込むと色鮮やか魚影が迎えてくれます。
午後はクジラ・イルカを探しに再び周遊。大きな水しぶきをあげて真っ黒な体が水中から現れる瞬間はもう圧巻です。 イルカには会えませんでしたが、ザトウクジラを目の当たりにできたことに大興奮の一日です。

19:00

食後も神秘の小笠原を楽しむ「ナイトツアー」

夕食後はオガツアーのガイドさんと一緒にナイトツアーへ。天然記念物(オガサワラオオコウモリ、オカヤドカリなど)や緑色に光るキノコ(グリーンペペ)を探したり、満点の星空に感動したりと小笠原は夜も楽しめるのです。

3日目
9:00

太古の森を歩く「史跡・自然散策」

ポニンブルーシマのガイドさんと一緒に史跡・自然散策へ。東平アカガシラカラスバトサンクチュアリーでは小笠原固有の植生を観察しつつ、森林浴でリフレッシュ。
夜明山の小道をたどると防空壕や大砲など旧日本軍の戦跡が今もひっそりと残っています。歴史に思いを巡らす貴重な体験です。

12:00

小笠原「島寿司」を味わう

お昼は島の珍味にチャレンジ。「島寿司」で島寿司と青海亀の握り盛り合わせを食べてみました。小笠原では、捕獲制限の下、ウミガメを食ぺることができるのです。

13:00

歴史を学ぶ「ビジターセンター」

ビジターセンターでは小笠潦の自然•歴史•文化について展示•解説しています。小笠原の島々が日本の一部となるまでの紆余曲折には数々の面白いドラマが隠れています。

15:00

小笠原海洋センター「ウミガメ見学」

小笠原海洋センターでは飼育されているウミガメを間近に見ることができます。可愛い子ガメに時間を忘れて見とれちゃいます。

MODEL COURSE

モデルコース

MODEL COURSE01
路線バスで行く! のんびり、ゆったり、癒しの小笠原
所要時間:約5時間
MODEL COURSE02
小笠原へ初上陸の方におすすめ! 父島のお気に入り探しコース
所要時間:約4時間
MODEL COURSE03
世界自然遺産をアクティブに堪能する!
所要時間:3日