伊豆諸島・小笠原諸島の楽しみ方が分かる総合情報サイト

東京諸島とは?

東京都の島しょ地域は、東京(北緯35度39分、東経139度44分)を起点に
南方へ約2,000㎞に亘る広大な海域に大小219島が点在し日本最東端の
南鳥島(北緯24度17分、東経153度59分)と日本最南端の沖ノ鳥島(北緯20度25分、
東経136度04分)も含まれます。
このうち一般人が生活する伊豆諸島の大島、利島、新島、式根島、神津島、三宅島、
御蔵島、八丈島、青ヶ島と小笠原諸島の父島、母島の計11島を総称して
東京諸島と呼んでいます。

Nature / Culture / Activities

ネイチャー・カルチャー・アクティビティ

ドルフィンスイム・
イルカウォッチング

東京諸島にはイルカが多い。御蔵島は地磯に生息する野生のイルカがいるイルカウォッチングの楽園だ。
野生のイルカと一緒に泳ぐドルフィンスイムではイルカの自然な行動を妨げないのがルール。イルカを間近に遊んで癒しのひとときを

海水浴・
シュリーケリング

大島、三宅島、八丈島は黒い砂浜、新島、式根島、神津島、小笠原は白い砂浜。どちらの浜も碧い海によく映える。タイドプールになっている海水浴場では、小魚や磯の生物を間近に見られシュノーケリングにも適している。

ネイチャーツアー

東京諸島の島々は島全体が自然公園になっていて、そこにしかない自然がたくさんある。世界自然遺産の小笠原諸島などでは独特な自然を保護する活動が盛ん。ハイキングをより楽しむためにツアーガイドを帯同して島の奥深い自然に触れあおう。野鳥、野草、星空などメニューもガイドも粒ぞろい。ガイドなしでは入れない場所もたくさんあるので注意!

山で遊ぶ

東京諸島には自然を満喫できる山々もある。島全体が自然公園で島固有の動植物も多い。 大島や三宅島など火山景観が随所で見られる島、低山でも絶景が味わえる島、ガイドが必要な深い森を持つ島などそれぞれに味わいがある。昼はトレッキングやハイキングで楽しみ、夜は都会では見ることができない満天の星空に癒されよう。

※無人島を含むと、南硫黄島916mが最高峰

ジオパーク

大島は日本ジオパークに認定されている。ジオパークとは「地球,大地(GEO)」の営みを学ぶ「公園(PARK)」を意味する。過去に幾度となく噴火を繰り返し現在も噴煙を上げ続ける大島は島の成長過程を肌で感じられる。日本の地図で唯一砂漠と表記されている裏砂漠など大島全体が見どころだ。

温泉

東京諸島は温泉の宝庫。海に山にいろいろな趣の温泉施設がある。海岸沿いの露天温泉は水着着用の男女混浴。夕陽や星空を眺めながら一日の疲れを癒そう。温泉で温めた砂むし風呂や噴気を利用したサウナなど珍しいものもある。君も全湯制覇してみないか。

史跡・パワースポット

伊豆諸島には島作りの神話があり先人たちが祀ってきた神社(氏神様)が数多くある。島民の信仰を集めたそれらの神社や厳しい自然環境で造形された名勝の数々が今パワースポットとして脚光を浴びている。
今も島民が清掃を欠かさない流人墓地や毎日お参りする菩提寺など、島民の心根に触れながらそのパワーを持ち帰ろう。