LOADING

KOZUSHIMA 神津島

豊富な湧水に恵まれた、
「伊豆諸島の水配り伝説」の島。
島内のどこからでも満天の星を観察できる
天然プラネタリウム

11島の音 神津島(キンメダイ)

神津島での楽しみ方

様々な景色が楽しめる貴重なトレッキング体験「天上山」

©神津島観光協会

標高572mの低い山にもかかわらず、「花の百名山」に選ばれるほど様々な高山植物が楽しめる不思議な山。島を代表するトレッキングスポットであり、高山植物のほか、山であることを忘れてしまいそうな砂漠、山頂近くには天然の池や白い砂地を見ることができます。頂上からの眺めは「新東京百景」にも選ばれるほどの素晴らしさ。トレッキングのベストシーズンは春と秋。毎年5月下旬頃に見頃をむかえるオオシマツツジの花は山の景色に映えるピンク色が特徴です。雨が降らないと枯れてしまう不動池はハート型をしているため、最近は恋愛パワースポットとしても話題に。

勇気をふりしぼって海へダイブ!「赤崎遊歩道」

©神津島観光協会

赤崎海岸にある巨大な岩に囲まれた入江を囲むように作られた全長約500mの木造遊歩道。夏になると多くの人たちが、飛び込み台から海に向かって勢いよくダイブをします。自然の岩に囲まれ波が少ない入江には、ハマフエフキ、スズメダイ、ベラなど色とりどりの魚が。ダイビングやシュノーケルで生き物観察に熱中する人も。また、展望台からは伊豆諸島北部の島々や富士山などが見え、景色も抜群です。夜は満天の星にうっとり。

日の出鑑賞にも「三浦湾展望台」

©神津島観光協会

島の南東部、空港に向かう道の途中にある展望台。見下ろすと三宅島や御蔵島が望め、天気のいい日は水平線の彼方に八丈島を望むことができます。空が広く望めることから、夜は星空観察や撮影をする人で賑わいます。また、初日の出を見るポイントでもあり、元旦の夜明けには多くの方が集まることでも有名です。秩父山の登山口が近くにあるため、登山の前後に立ち寄るのがおすすめ。

覗くと海が眼前に広がる「ぶっとおし岩」

©神津島観光協会

長浜海岸の南側にある、自然が作り出した景観。長年の波の浸食により削られてできた岩はダイナミックで驚きの連続!どの角度から見ても写真映えするビジュアルです。穴をのぞき込むと、自然の力のパワーを感じるかも。岩の上には松の木が生い茂っているのが特徴。赤崎遊歩道へ続く西海岸ウォークの中間地点のため、岩のそばに設置されたテーブルベンチでひと休みしては?

大露天に感動「錆崎温泉神津島温泉保養センター」

©神津島観光協会

島民と来島者の保養を目的に1991年に設立された温泉リゾート施設で、全国屈指の湧出量を誇ります。泉質は強塩泉でカラダをよく温める効能。自然の岩場を利用した日本でも有数の大露天風呂は、広さ275㎡。広大な太平洋が望め、水平線に落ちていく夕日や、満天の星を眺める自然のプラネタリウム体験ができます。頭上を遮らない開放感は、大露天風呂ならでは。また、小露天風呂も沢尻湾が見渡すことができるなど絶景も楽しめます。露天風呂では水着の着用が必須です。

島内での移動はこちら

外部サイトに移動します

ニュース&トピックス

ニュース&トピックス

さらに詳しい情報はこちら

神津島観光協会
TEL: 04992-8-0321
神津島村観光産業課
TEL: 04992-8-0011